dimash エネルギーとカザフスタン愛が感じられる歌 My homeland カザフスタンソング

SHARE

dimash エネルギーとカザフスタン愛が感じられる歌 My homeland カザフスタンソング

ディマシュ、今日は上海のようです。
自身のインスタを更新しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Dimash Kudaibergen(@kudaibergenov.dimash)がシェアした投稿

2019年に大きく飛躍して、今は貫禄さえ感じられるディマシュです。

でも中国でブレイクした2017年は、まだあどけなさが残るディマシュ。初々しささえ感じます。

そんなディマシュが、ブレイクした中国からカザフスタンへ凱旋したときに歌った歌がこの My homeland カザフスタンソング です。

私も大好きなこの曲。ディマシュのエネルギーとカザフスタン愛が感じられます!!

この曲について、いつも私にいろいろな情報を下さるオーストラリア在住のTさんが、また教えてくださったことをシェアします。

「My homeland (Tugan Zher)」、この曲の作曲者はディマシュのゴッドファーザーである Lukpan Zholdasovです。
作詞は別の人ですが、2016年からディマシュがオリジナル歌手として歌っています。
ディマシュにピッタリの愛国心がいっぱい詰まった歌ですね。

ビデオの中でギターを弾いている長髪の人がLukpanで、以前はよくディマシュと一緒にステージに立っていました。
イスラム教でのゴッドファーザーの役割は良く分からないのですが、元々キリスト教では洗礼の時に代父という役割です。
一般的に西洋では、キリスト教でなくても、実親に何かあった時、その子供の代親になるというような役割になっていますが。
そして父親の親友などが、そのゴッドファーザーになることが多いようです。
この人も、ディマシュのお父さんカナトの親友のようです。奥さんもゴッドマザーとして、2018年ごろまでは、色んなところへディマシュに同行していましたが、最近は見かけませんね。
ゴッドファーザーのLukpan、この人がディマシュに与えた音楽の影響もかなりあると思います。

中国語の曲「The Crown」は元々カザフ語の「Without you (Kim Eken)」という曲で、これも Lukpan作曲です。

「My homeland」和訳してみました。
辛い過去を持っている国だからこその歌だと思います。

(それぞれ違う英訳が3つありました。なので3つ合わせてオリジナルの意味はこういうことだろうと意訳したものです。)

 

我が祖国 – My homeland (Tugan Zher) カザフスタンソング

1)
その名前 なんという宝

我が祖国 勇敢な先人たち

誇りの炎 稲妻のように眼に光る

広大な土地がその証

我が祖国 カザフスタン

私はこの国を愛する一人

我が祖国 カザフスタン

世界中があなたを称えるだろう

世界中があなたを称えるだろう

2)
美しい草原 我が祖国

独立の夜明けがやってくる

カザフ人はみな勇ましい戦士

なんという誇り

我が祖国 カザフスタン

私はこの国を愛する一人

我が祖国 カザフスタン

世界中があなたを称えるだろう

世界中があなたを称えるだろう

 

2 Comments

佐々木

おはようございます!
私もこの曲大好きです
dimashにしては数少ないアップテンポで明るく楽しげな感じがいいですね!モチロンしっとり系も大好きです!(^^)!
YouTubeプレミアムにしてから一時保存しています!
訳して頂いてありがとうございます。
益々dimashにピッタリの曲だったんですね~
3.17あたりの、あの笛のような声はまさに神!!!

返信する
ディマシュ大和撫子

今日も、コメントありがとうございます。

本当にあのホイッスルのような声、神業です。
ディマシュ、やっぱり若いんだから、元気な曲をもっと歌えばいいのに!
でも、悲しい歌は天下一品Σ(・□・;)
結局、どっちもいいです

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください