ディマシュ ロシアの詩人リリア・ビノグラドワがディマシュについて語りました

SHARE

ディマシュ ロシアの詩人リリア・ビノグラドワがディマシュについて語りました

ディマシュニュースに、ロシアンの詩人リリア・ビノグラドワがディマシュについて語ったことが掲載されました。

ディマシュニュースに書かれていたものを、グーグル翻訳で日本語訳にしました。おかしなところがあるかもしれませんが、類推してくださいネ。

画像もディマシュニュースからお借りしました。

ひとことで言うと、彼女は「ディマシュはダイヤモンドの原石。磨けば磨くほど光る素材だ!」 と言うような事を言っています 💓

 

ディマシュ ロシアの詩人リリア・ビノグラドワがディマシュについて語りました

 

Ресей ақыны Лилия Виноградова Димашпен жұмысы туралы айтып берді

 

「オリンピコ」「パッション」「ウリッセ」「ティアモコシ」は、ロシアの詩人リリア・ヴィノグラドワが作詞し、イゴールクルトイが作曲しました。

彼女は、DK Media World EFC(@dk_media_world)との独占インタビューでディマッシュクダイベルゲンの印象について語りました。リリア・ビノグラドワは、ロシア語、イタリア語、英語、フランス語で作詞し、多くの有名な歌手や、ロシアや外国の作曲家のために詩を書いたり音楽を書いたりしています。彼女は作曲家イゴール・クルトイとの共著者として知られており、今日の有名なオペラ歌手の「クロスオーバー」というジャンルで素晴らしい作品を生み出しています。

 

彼女は、若い歌手 ディマシュと、彼のボーカル能力を知ったきっかけを尋ねられた。彼女は、新曲を依頼されたイゴール・クルトイにディマシュについて聞く前に、ユーチューブでディマッシュを見たと述べた。

 

ディマシュの才能をどのように理解しているかを明確にしたいと思います。自然が何世紀にもわたって作っているダイヤモンドを想像してみてください。それは、人々が見、触れ、そして楽しむ光の世界へといざないます。ディマシュの才能はそのダイヤモンドのようです。彼はとても若い。彼はまだ磨かなければならない。彼にはダイヤモンドとして輝く理由があるということです。これから、すべてはディマッシュ自身の手に委ねられます。彼がこの才能をどれだけ生かす事ができるか、どれだけ彼の創造性を向上させることができるか、彼が勤勉かどうか、彼が火と水を通過するかどうか、それはすべて彼にかかっています。

 

リリア・ヴィノグラドワによれば、最も重要で最も困難なことは、名声を得る事です。私の意見では、彼はすべての挑戦の勝者であり、彼の才能に値するでしょう。彼の健闘を心からお祈りしております彼の創造性と率直さに感心しています。

 

Media Worldとのインタビューで、リリア・ヴィノグラドワは、曲がどのように作られるかを語りました。

 

 

私はイゴールクルトイを昔から知っていて、長い間働いてきたので、共同作業の独自のメカニズムを持っています。

ミュージシャンとしてメロディは私にとって重要なので、曲を作るときは歌詞をメロディにのせます。したがって、私はそのメロディを愛さなければなりません。私はそのメロディに入りこむ必要があります、私の詩はメロディの助けを借りて書かれています。イーゴルクルトイとの共同作業はすべて、このようにして生まれました。このようにして、Khvorostovsky、Sumi Joeのアルバム、Anna Netrebkoのアルバム、Yusif Aivazov、Larry Fabianのアルバムが生まれました。

 

そして今、私たちの創造的な制作に新しい要素が追加されました。ディマシュです。非常に若く、異質で、まだよくわからない人ですが、非常に興味深く、無垢です。彼の目新しさに私たちは完全に魅了されてしまいました。だから私は彼と一緒に働くことが幸せです。実際、私たちは心を込めて仕事をしています。私たちはすべての能力、創造性、経験、才能を注ぎ、最重要事項として、ディマシュを育成したいと考えています。結局のところ、彼は生まれつきの才能があり、すばらしい将来性のある若者です。

ディマシュは新しいのような生命体のようなものです。私たちはそれを養い、水をやり、太陽の下に置きたいのです。彼の才能が輝き、長く生き続けることを願っています。ディマシュのアートにとって、これ以上重要なものはありません。大事な事は彼がユニークであり、彼自身のイメージがあり、彼独特の声を持っているということです。彼の声が何オクターブ出るかではなく、技術的な能力だけではありません。大事な事は、彼の心の幅広さ、彼のすばらしい知性、これらの素晴らしい資質と技術的能力と発声能力の組み合わせにあります

 

イーグルクルトイとリリア・ヴィノグラドワがディマシュのために書いた最初の作品は、2019年にミンスクで開催されたII欧州大会の開会式のために特別に書かれた、イタリア語で書かれた作曲「Olimpico」でした。

専門家によると「Olimpico」は、キャラクター、エネルギー、幅、範囲の点でユニークな音楽です。それはディマシュのボーカル能力のためだけに書かれ、現在ディマシュだけが歌うことができます。

ディマッシュによる「パッション」の発表は、フェスティバル「ニューウェーブ2019」で大きなニュースでした。アイーダ・ガリフリーナとララ・ファビアンのデュエット「ウリッセ」、イゴール・クルトイのアニバーサリー・ショー「アイス・ラプソディ」のトリオ「ティ・アモ・コシ」は、聴衆に忘れられない思い出を与えた。

 

 

 

これらすべての曲の歌詞は、リリア・ヴィノグラドワによってイタリア語で書かれました。Media Worldからイタリア語で曲を作る理由を尋ねられたとき、詩人は答えました。

まず第一に、イタリア語は本質的に音楽のための言語であり、ボーカリストが能力を発揮するのによい言語です。歌うのに最適な言語。オペラの芸術がイタリアから広まったのは、当然のことです。イタリア語は国際的な音楽の言語です。第二に、私とイーグルクルトイとは、「クロスオーバー」ジャンルのほとんどの作品をイタリア語で書くという原則があります

2019年12月、ディマシュの「Olimpico」はロシアの「2019年の歌」に選ばれました。作曲者のイゴール・クルトイと作詞家のリリア・ビノグラドワはディマシュと喜びを分かち合った。

創造的でユニークな新作と、明るい成果をお祈りします!

 

2020年5月20日のディマシュニュースより

 

 

クリックしてね ♫
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください