ディマシュ ラジオがポーランドでもオープン

SHARE

ディマシュ ラジオがポーランドでもオープン



ラジオ「Dimash」がポーランドにオープン

ディマシュニュースでも発表されていました。

また、へんな日本語ですが、ディマシュニュースをグーグル翻訳したものをのせます。

グーグル翻訳

8月23日、RadioDimash.pl ラジオディマシュ がポーランドでリリースされました。これは、Dimash Kudaibergen Fanklub Polskaの最も強力で組織的なファンのプロジェクトです。

 

Dimash Kudaibergen Fanklub Polska」-クラブの親密で友好的な巨大ファンの1人である、世界で最もアクティブです。Dimash’s Dearsは、このクラブの主催者とよく知り合っています。彼らをサポートするグループのメンバーがたくさんいます。

ファンクラブの設立当時、ポーランドのファンは1つの目的のために団結していました。ポーランドおよび海外でのDimasha Kudaibergenの活動の宣伝彼らは、ポーランドでお気に入りの歌手の夜を過ごし、コンサートに参加することを夢見ています。

「私たちはDimashの仕事を促進し、サポートさせていただきます。私たちは、自分自身を世界最大の国際家族の一員であると考えています。だからこそ、私たちは世界中の何千ものDimashの家族の一員であり、世界中の何千もの愛する人たちと力を合わせることは私たちにとって喜びです。私たちはディマッシュのコンサートに参加し、公式の音楽プラットフォームで彼のシングルとアルバムを購入し、彼の周りの人々のすべての取り組みをサポートしています」とファンクラブの管理者は述べています。

Dimash Kudaibergen Fanklub Polskaは、カザフ語歌手の作品をポーランドの人々に紹介するためにDimashに関するウェブサイトを作成した最初のファンクラブです。彼は国際的な報道機関で出版された彼の歌、インタビュー、記事をポーランド語に翻訳し、それらを読者に提示します。ファンの努力のおかげで、いくつかのラジオ局がDimashの曲をオンラインで放送しています。ポーランドの愛する人たちは、地元のメディアでお気に入りの歌手の創造的な業績についての考えをすでに共有しています。

ポーランドのファンはカザフスタンの文化により興味を持っています。彼はディマッシュを通してそれを知り、それを検索してファンクラブの公式ページに公開しました。カザフの伝統と生き方に関する記事が掲載されました。彼らはカザフスタンのために組織されたポーランドでのイベントを見逃さないように努めています。また、ワルシャワのカザフ大使館およびグダニスクとカトヴィツェの領事館と密接な関係を築いています。

年の初めから、ポーランドの愛する人はワルシャワで会議を組織し始めました。毎月開催され、「今週の日曜はディマッシュ」と呼ばれています。アイデアの作者はミレラ・グリヴィンスカです。参加者はカザフスタンのディマッシュクダイベルゲンについて学び、彼の歌を聴きます。出身地の文化に関する深い知識を得る。ミレラはパーティーの主催者であり、興味深い方法で物語を語っています。まず、彼はそれを見つけ、ファンクラブのメンバーに伝え、彼らの質問に答えます。大カザフ草原の素晴らしい雰囲気をファンに紹介します。

ポーランドの親愛なる人々は、カザフのおとぎ話、伝説、歴史的出来事も知っています。ファンクラブの創設者の1人であるMonica Vasilievskaは、YouTubeチャンネルを運営し、Dimashに関する資料を公開しています。ポーランドのファンクラブDimashのコンサートであるカザフスタンへの旅行のビデオが含まれています。Dimashが演奏した人気曲のコレクションもあります。モニカヴァシレフスカは、興味深いイベントを通じてファンクラブの活動を調整し、ここでファンの努力を結集します。

そしてテレサ・カコルはファンクラブの中心です。ポーランドの親愛なる人々は、「テレサのような誰もいない」と言って、ディマッシュの仕事を促進します。結局のところ、彼は彼の心と魂をもってディマッシュの仕事をすることができて、行われた仕事から力を引き出すことができます。

インターネットラジオ局の創設は、ポーランドのファンクラブによって始められました。ズビグニエフ・クルジンスキーのアイデア。彼は自分がやろうとしていたことをすることができました。すべての技術、ドキュメンタリー、および管理作業が完了しました。

Zbigniewは、テクニカルサポートを提供するファンクラブのWebサイトの管理者です。彼は、他の多くのファンと同様に、スポーツ中、仕事中、運転中にラジオでDimashの曲を聴きたいと思っています。ラジオは、歌手を含むアーティストの作品を宣伝するための最も強力なツールです。したがって、ズビグニエフは、曲が次々に放送されるという追加の要件なしに、リスナーの好みに合うようにこのラジオを作成することを夢見ていました。

画像はディマシュニュースより

彼は公式に登録されたラジオ局を、技術的な内容を備えた独自の製品で構築したいと考えていました。方向性も知られている-ポッドキャスト(録音)。ディマッシュの作品専用のラジオが最初にアルゼンチンで発売されました。これは、ズビグニエフの失われた夢にインスピレーションとインスピレーションを与えました。彼は仕様だけを研究してテストしました。彼はすべての法的要件を注意深く設計し、ラジオのWebページを自分で設計しました。ラジオが試用期間に取り掛かったとき、彼はファンクラブの代表と彼の考えを共有しました。ポーランドの愛する人たちは、すぐに彼の夢を実現するために協力し始めました。それは困難で興味深い仕事でした。最新の作品が完成し、ラジオ周波数RadioDimash.pl」が放映されました。

短期間で、このラジオは世界中からリスナーを見つけました。RadioDimash.plは、ポーランド人だけでなく、ヨーロッパ人、アメリカ人、オーストラリア人にも愛されています。

ポーランドの親愛なる人々は、この作業を強化することを熱望しています。最初の放送とポッドキャストの準備が進んでいます。最初のインタビューは録画されており、まもなく放送されます。ポーランドのDimashのファンは、彼らの国の代表者だけでなく、海外のファンクラブからもインタビューされます。特にコンサート中はあまり議論はありませんでした。計画によると、Dimashの参加とすべての関連イベントのライブレポートがあります。カザフスタンの文化と芸術についての興味深いインタビューがあります。

「ポーランドのリスナーに素晴らしいアバイを紹介し、彼の遺産を共有したいと思います。カザフの伝説、おとぎ話、寓話がラジオで放送されています。私達は私達の聴衆がアクティブであることを望みます。そのため、多くの生放送が参加して編成されています。もしすべてを整理することができたら、いつかディマッシュがインタビューをしてくれることを願っています。私たちのファンクラブのすべてのメンバーは一つの関心を持っています-ポーランドでのディマスの活動を促進し、サポートすることです。私たちの最大の夢は、彼のネイティブコンサートに行くことです。”、-ファンクラブの運営計画を共有しました。

画像はディマシュニュースより


ラジオ局を自分たちで作ってしまったという事でしょうか?

今、日本でも自分でラジオ局がつくれるというのを、そういえばちょっと聞いたことがありました。

これは、自分たちで作つて、自分たちで運営して、ディマシュの歌や情報を流すという事でしょうか?

資金はどうなっているの?
全て手弁当でボランティア? 
広告収入とか入るのかしら?

全く想像がつきません Σ(・□・;)

ブログランキング・にほんブグ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください