ディマシュ カザフスタンでは年長者が家族の中心 Ocean Over the Time

SHARE

ディマシュ カザフスタンでは年長者が家族の中心 Ocean Over the Time

パンデミックが始まって以来、ディマシュはカザフスタンにずっといます。

インスタも友人や、日常の様子が、たくさんアップされています。

2017年、中国の歌番組で世界的にブレイクしてから、こんなに長い間カザフスタンに家族といたことはなかったと、自分でも言っていました。

昨日は、たぶんディマシュの家に大勢の人が集まっている画像がインスタにアップされていました。

 

Google翻訳

baglan_abdraimov_official
それは千日の価値があります、ある日私はここに座っています。

先週の「TWINS」の撮影中に@kanat_sveta_aitbayevtarSister Svetaは、「WHITEANDBLACK」という本を読みたいと言っていました…
今日はラッキーでお譲りしました。
神から与えられた祖父の祝福を受けて、私たちは歌を聴き、霊的に飲みました。
そのような宝物があります
世界レベルでのDimashのパフォーマンスは自然です。
@ kudaibergenov.dimash shaba ber !!!🇰🇿✊

おげんきで!


 

カザフ語のGoogle翻訳なので、よく意味が分からないのです😢

先日、ママがカザフ国立芸術大学の先生とテレビの番組で歌っていました。その時、「WHITEANDBLACK」という本を読みたいと言ったのかな?

よくわかりませんが、とにかく、こうして多くの人がたぶんディマシュの家に集まっている。

4枚目の画像を見ると、すごいごちそうΣ(・□・;)

今の日本で、どこかのお宅に、親戚でもない人たちが、こんなに集まるなんて考えられません。会議室とか、ホテルの1室とかになるよね。

それに、若い人は若い人で集まる。

おじいちゃん、おばあちゃんをいれて、わざわざ

「神から与えられた祖父の祝福を受けて」なんて今の日本じゃ言わない😢

明治時代だったら、日本もこうだったかな。

2019年6月、私がディマシュのコンサートを見にカザフスタンに行ったとき、ガイドさんに聞いた話だと、

「老人ホームにいる人たちは、子供がいなかったり、身内がいない人達です。自分の親を老人ホームへ入れることは恥です。」と言っていました。

ああぁ、私が子供だった50年前には、日本でもそうでした。

でも今は、動けなくなったり、下の世話が必要になったら施設に入ってもらうのは当然のことになりました。

カザフタンには、古き良き習慣が奇跡のように残っていると思います。

ちなみに、ディマシュは中国でブレークして得た最初の大金で、両親に家をプレゼントしたという噂です。それがたぶんこの家だと思います。

昨年の秋、ロシアのテレビに出たとき、ディマシュはアナウンサーに何を手に入れたいかと聞かれて「 家族が元気で笑顔であれば、ほかに何もいらない。」と答えていました。

それが、ディマシュが世界中から愛される理由なのです💓

 

今日の歌は 

Ocean Over the Time

 

ブログランキング・にほんブグ村へ

ディマシュのファーストアルバム ID ダウンロードはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください