ディマシュチーム バックコーラスのラスルがロシアのミュージカルに出演

SHARE

ディマシュチーム バックコーラスのラスルがロシアのミュージカルに出演

ディマシュのバックコーラスを務めているラスルが、ロシアのサンクトぺテルブルクで上演されているミュージカル「ミスサイゴン」に出演しました。

ディマシュニュースで伝えています。


実は、ラスルは娘さんが生まれたばかり!

Google翻訳

sveta_aitbaeva73
SafiyaRasulovnaというかわいい赤ちゃんをゆりかごに入れる式典から。 両親のRasul @ rassulusmanovとAruzhan @ orynbaevaa、おめでとうございます!

ディマシュママのインスタには、時々、赤ちゃんの画像が出てくる。 私の想像だけど、カザフスタンには日本にはない何か赤ちゃんが無事に成長するように祈る習慣があるのでしょう。 日本で言ったらお宮参り見たいなものかな? 日本ではおじいちゃんおばあちゃんだけど、カザフスタンでは親しい尊敬する年上の女性? みたいな感じなのかな? どなたか詳しい方がいたら教えてください。 彼らの披露宴には、ディマシュも参加してましたね!

そして仕事でも大抜擢です。

彼の本業はミュージカルスターです。

ディマシュニュースをGoogle翻訳します。
画像もディマシュニュースからです。

ディマッシュのバッキングボーカリストは、制限と境界にもかかわらず、有名なミュージカルに参加しました

12月、ロシアの文化の中心地であるサンクトペテルブルクで、世界的に有名なミュージカル「ミスサイゴン」の初演が行われました。主な役割の1つは、同胞のRasulUsmanovが演じました。

「ミスサイゴン」は、そのジャンルで最も鋭い作品のひとつです。作曲家のクロード・ミシェル・シェンバーグとリブレット奏者のアラン・ブブリリアによるミュージカルは、1989年にロンドンのドゥルーリーレーンシアターで初演されて以来、何十年にもわたって世界の舞台に立ってきました。

ミュージカル「ミスサイゴン」は、昨年12月にサンクトペテルブルク州立ミュージカルコメディ劇場の舞台でロシア人によって最初に演奏されました。主な役割の1つは、カザフの俳優で歌手のラスル・ウスマノフに与えられました。

DimashNewsとのインタビューで、Rasulは待望のパフォーマンスの準備について話しました。

-ラスール、初演おめでとうございます!ロシアの主要な音楽劇場の1つで演奏する順序について教えてください。

-それはすべて、当時のアスタナミュージカルシアターオルザスイブラエフの管理者が私たちのシアターグループのチャットにキャスティングアナウンスを送ったときに始まりました。報告によると、サンクトペテルブルク州立ミュージカルコメディシアターは、演劇「ミスサイゴン」の出演者を探しています。写真とビデオのポートフォリオを主催者に送ったところ、1週間後、彼らは本当にすべてが好きだという返信を受け取りました。その後、彼らはアーリアンのノートをミュージカルに送り、それを演奏するように頼んだ。短期間でコンサートマスターのダナ・モルダグロワと一緒にそれを学び、ビデオを送りました。そして、もう1週間後、サンクトペテルブルクのメインキャスティングに招待されました。

-どれほど印象的でしたか?

-とても印象的で、言葉では言い表せません。私がサンクトペテルブルクに飛んだとき、私にはこの役割のための他の6人の候補者がいました。私たちは皆次々と歌いました。私のアートを披露する番になったとき、監督はそれがとても好きだと思いました。彼はステージに上がり、彼の演技のスキルを評価して、私と一緒に働き始めました。

「ミスサイゴン」のフランチャイズはMTI(ミュージックシアターインターナショナル):ヨーロッパに属しているので、彼らは最後の言葉を持っていました。彼らの答えは、私がカザフスタンにいた2か月後のことでした。サンクトペテルブルクから電話があり、その役割が承認されたと言われました。

国際ミュージカルでの初めての体験なので、とても嬉しかったです。そのニュースを聞いたときの気持ちは本当に忘れられないものです。

あなたはミュージカルの主人公の一人を演じました-キムの主人公であるトゥイという残酷なベトナム人将校。キャラクターを存分に体験できましたか?彼はあなたと同じような資質を持っていますか?

-「ミスサイゴン」は、アメリカとベトナムの戦争についての心温まるパフォーマンスです。私のキャラクターのトゥイは、ベトナム軍の将軍である司令官です。演技とボーカルの両方の可能性のすべてを示しているので、私はこの役割が本当に好きです。

劇の冒頭、トゥイはまだ若い男であり、いくつかのシーンの後、彼は残酷な将軍として聴衆に戻ってきます。

彼の声、歩き方、態度の変化、そしてあなたがステージに上がるたびに、あなたは完全に異なる人になります。

私はこのキャラクター、彼の人生の原則と価値観が好きでした。私たちは本当に多くの共通点があると思います。

-音楽監督のコーネリアス・バルトゥスの準備はどうでしたか?

-コーネリアスはオランダ出身の非常に才能のある監督であり、彼は心からの称賛に値します。彼は、ロシアだけでなくCIS全体で最も権威のある劇場賞であるゴールデンマスクを2度受賞しています。彼と彼のチームと一緒に仕事をするのはとても便利です。Cornelius Baltusは、あなたが彼に言いたいことをすべて理解しています。彼は俳優の意見に耳を傾け、彼の役割の作者になることを求め、常に完全にサポートし、助けます。

-ミュージカルの最初のリハーサルは2020年3月に行われましたが、パンデミックのため、初演は延期されました。検疫中の準備はいかがでしたか?いつ準備を始めることができましたか?

-パンデミックと多くの禁止により、リハーサルは数回中断されました。時々私はサンクトペテルブルクで一週間過ごし、すぐにカザフスタンに戻らなければなりませんでした。毎日、新しい禁止、新しい規則がありました…

しかし、それにもかかわらず、私たちは劇場のジェネラルプロデューサー兼ディレクターであるユーリシュワルツコフから強く支持されました。彼女はミュージカルと歴史にとても情熱を持っていたので、ミスサイゴンの初演のために一生懸命働いた。私たちは彼にとても感謝しています。

-研修中の雰囲気はどうでしたか?面白い瞬間はありましたか?

-毎分トレーニングが計画されているため、毎日のトレーニングは非常に生産的でした。制作チームの高いプロ意識のおかげで、俳優のスキルは日々向上しました。彼らの興味深い瞬間について話すと、最初に頭に浮かぶのは2020年11月24日です。娘が生まれたので、人生で最も大切な日でした。その時、私は公演の準備の真っ最中、サンクトペテルブルクにいました。たった1人か2人の同僚と共有できて嬉しかったので、準備を続けました。そして彼らはそれについてチーム全体に知らせました、しかし彼らは何も知らないふりをしました。

リハーサルの後、同僚はケーキを購入し、テーブルをセットして、チーム全体で私を祝福しました。期待していなかったのですが、2〜3週間しか知らなかったのでとても印象的でした。したがって、私たちのチームはとても親切で、思慮深く、理解していたと言えます。このような素晴らしいチームの一員になれたことをとてもうれしく思います。

-サンクトペテルブルクでミュージカル「ミスサイゴン」が上映される頻度はどれくらいですか?

はっきりとは言えませんが、今のところ、再び検疫されなければ、2021年末まで月に1回4〜5回の公演を行う予定です。プレミア自体は、聴衆のわずか25%でプレイしました。パンデミックの状況が安定することを願っており、いつの日か、満員のホールで「ミスサイゴン」を見せることができると思います。

↓は、昨年2020年3月のウクライナのキエフでのディマシュのコンサートで。

16日のディマシュのデジタルショーでも、このような場面が見れるでしょうか!

楽しみです💓

ブログランキング・にほんブグ村へ

ディマシュのファーストアルバム ID ダウンロードはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください