ディマシュ クダイゲルゲンとは? その5 Who is Dimash? 

SHARE

ディマシュ クダイゲルゲンとは? その5 Who is Dimash? 

WIKIPEDIA ウィキペディア をグーグル翻訳し、私なりにアレンジさせていただきました。

英語は苦手です。もし違っているところがあったらごめんなさい。

ディマシュ クダイベルゲンとは? その4 の続き

20182018年 ロシアと中国での継続的成功

2月16日の中国の新年ガラではグラミー賞受賞者のウートンと「ジャスミン」のデュエットを歌いました。

ディマシュは、中国の他のさまざまなテレビ番組にも出演するよう招待されました。4月20日に歌手2018年、「Hello」を歌いました。

4月24日のワンベルトワンロードコンサート。

6月14日のショー「Choose Big Star」。

8月9日のショー「ファイナルブリッジ」では、中国の歌手Tia Rayと「We Are the World」を歌いました。

中秋節(8月24日)と 12月12日に開催された海南国際映画祭で、「My Heart Will Go On」を歌いました。

12月31日に行われた中国CCTVのファンタスティックカーニバルでは、「ネバーランド」という歌を歌いました。

ディマシュは、ファンタシティの短編ビデオにも参加し、「If I Never Breathe Again」と「When You Believe」を歌いました。

ディマシュは中国で2つの「D-Dynasty World Live Tour Concerts」を開催しました。
1月5日 福州
5月15日 深圳

5月9日に第71回カンヌ映画祭に招待され、「S.O.S。d’un terrien endétresse」を歌いました。

5月11日には、最初の英語のシングル「スクリーミング」をリリースし、中国のテレビ番組「アイドルヒッツ」で歌いました。

ディマシュ11月19日にロンドンで「カザフスタン文化の日」に参加し、翌日Frontlineでソロコンサートをしました。 BBCキルギス放送は彼をインタビューしました。 そのインタビューは2019年1月12日に放送されました。

7月11日、ディマシュはロシアのスラビアンスキーバザールに審査員として参加し、「S.O.S d’un terrien endétresse」を歌いました。

ディマシュはロシアに何度も招待されました。

9月5日の若いポップ歌手の国際コンテストNew Waveで初めて「Sinful Passion」を歌いました。

9月9日のNew Wave Closing Ceremonyで「Adagio」を歌いました。

そして、イゴール・クルトイ氏が作曲、ミハイル・グチェリエフ氏の作詞「疲れた白鳥」 を、クレムリン内務省の労働者の日を祝うために歌いました。この歌は12月2日にソング・オブ・ザ・イヤーを受賞します。

ディマシュは、9月29日にForbes Kazakhstan(185019条)により「30 Under 30」(影響力のある30歳以下の30人)に選ばれました。

ディマシュは2018年も中国で数多くの賞を受賞しています。

1月18日の「ニューミュージックパワーオブザイヤー」のWeibo年受賞

1月27日に優秀アーティストオブザイヤーに選ばれ、中国およびカザフスタンの友好大使に任命されました。

1月30日にベルトアンドロードインターナショナルブランドスプリングフェスティバルガラで「友情顕著な貢献」賞を受賞。

2月10日に中国の北京で開催されたGlobal Chinese Music Top 10 Awardの年間最優秀歌手に選ばれました。

12月26日に中国の上海で開催されたシルクロード凝集賞で、「シルクロードユースアンバサダー」と「最も影響力のあるシンガーオブザイヤー」を受賞しました。


8 Comments

匿名

はじめまして。
私もディマシュのファンです。私が初めて彼を知ったのは、NHKで2015年に放送されたABUテレビソングフェスティバルでカザフスタン代表で歌っていたのを見たのが最初でした。とても気になる歌手でしたが、なかなか情報が少なくて判らなかったですが、一昨年の暮れにタブレット買ってその半年後に初めて You Tubeの動画で彼の歌っている動画を見ていらい、良く見るようになりました。

返信する
ディマシュ大和撫子

はじめまして。
コメントありがとうございます。
2015年にディマシュを見たなんてすごい!!
私は今年の1月ですもん。
これからも、ブログを続けていくつもりです。どうぞよろしくお願いします。

返信する
ふきのとう

ディマシュを知ってまだ数日、でも目が耳が離せなくなりました。
あるアイススケート場で二人の女性歌手の間で歌ってる青年の声の素晴らしさ!
そして、その立ち位置は、今は亡きフボロストフスキーの立っていたところ。
ちょと東洋的な感じもする青年、映像を見まくり始めました。
そして貴方様のこちらのブログに辿り着きました。
彼のコンサートにカザフスタンまで行かれたお話、楽しく読ませていただきました。
彼についていろいろ知ることができました。
とても感謝しています。

返信する
ディマシュ大和撫子

ふきのとう様

ブログを見つけてくださってありがとうございます。
私は、また来年もコンサートに行こうと計画しています!
また、無謀な一人旅になりそうです。
でも行くの(笑)
その時はレポートしますね♪

返信する
リーリ

はじめまして。
数週間前にディマッシュの事を知り、
熱烈な大ファンになりました。
かれの歌声と容姿には何度見ても飽きることなく
また、プロフィールや活動を詳しく知りたいとか、
寝ても覚めてもディマッシュの事で頭がいっぱいです。
ここの記事を読んでさらに知ることができ大変うれしいです。

返信する
ディマシュ大和撫子

リーリさん
ディマシュのファンになった人は、だいたいみんな1夜にして大ファンになります(笑) 私もそうでした。
3月にはチェコのソロコンサートに行きます。
こんなブログですが、また遊びに来てくださいね。

返信する
りーり

ディマシュ大和撫子 サン
こんにちは~、お返事ありがとうございました。
ホントにうらやましいです!!!!
生の声、顔が見れるなんて!!!
またその時のお話楽しみにしてます。

返信する
ディマシュ大和撫子

りーりさん
ディマシュに出会って私の人生は変わりました。
去年はカザフスタンのコンサートに一人で行って来ました。カザフ語もロシア語もわかりません。英語もハローとサンキューだけしか話せません。
でもディマシュのコンサートを見たい! と行ってきました。以前の私なら考えられません。英語の勉強も始めました。
人生の後半戦、まさかこんな楽しみが待っていたなんて。うれしいです!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA