ディマシュのバックコーラス紹介 Zarina Bozhakova

SHARE

ディマシュのバックコーラス紹介 Zarina Bozhakova

ディマシュのコンサートのバックコーラスを務める3人について、dimash news で紹介されています。

その中で、今日は Zarina Bozhakova についての部分をグーグル翻訳で訳してお伝えします。

その前に、彼女のインスタにアップされていた彼女の歌を紹介します。

ディマシュのバックコーラス紹介 Zarina Bozhakova

 

この投稿をInstagramで見る

 

Zarina Bozhakova / НАИНА(@zarinabozhakova)がシェアした投稿

すごい!!
日本のアイドル歌手の1000倍、いや、1万倍はじょうずです Σ(・□・;)
これほどの実力がある人が、バックコーラスですよ!!

 

以下、ディマシュニュースから、Zarina Bozhakova

グーグル翻訳

バッキングボーカリスト(バックアップシンガー)–は、ソロアーティストにとって貴重で不可欠な存在です。彼らのおかげで、ディマシュの歌はより感情的で美しく聞こえます。バッキングボーカルは、元々楽曲に盛り込まれていたさまざまな感情を反映するのに役立ちます。それがなければ、ディマシュのパフォーマンスはそれほど豊かで素晴らしくは聞こえません。したがって、絶対にすべてのソリストは、彼のバッキングボーカリストを最大限に認め、評価しています。

Dimash Kudaibergenのバッキングボーカリストの魅惑的なひとり、Zarina Bozhakovaは、6月6日にコスタナイで生まれました。彼女は子供の頃から音楽の才能がありました。ザリーナはコスタナイの子供向け専門音楽学校で9年間勉強した後、音楽理論の学位を取得するためにカザフスタン国立音楽芸術大学で勉強を続けました。その後、音楽学の学士号を取得してカザフスタン国立音楽芸術大学卒業しましたを卒業しました。

Zarinaは2019年10月からDimashのチームで働いています。彼女の最初のパフォーマンスはソチでのコンサートでした。そして、ザリーナがチームに参加してから6か月が経過しましたが、彼女はまだ現実を信じることができません。毎回のコンサートの後、わきあがる感情を抑えることができずいつも泣きます。

ザリーナは、自分がディマッシュのバックコーラスに参加するのを本当の運命だと考えています。 2018年から2019年まで、彼女は「トゥンギスタジオ」プログラムの「カザクスタン」テレビチャンネルに取り組みました。そこで彼女はプログラムの音楽監督であったボラ・ツホルダソフと会いました。ボラ・ツホルダソフはすぐにザリーナの能力に気づき感激しました。そして、2019年に、サウンドディレクターのYerlan Bekchurinは、Dimashのチームでバックボーカリストを探していました。 ボラはすぐにこの役にザリーナを提案しました。Yerlan は後にザリーナに連絡を取り、彼女をチームに招待しました。彼女は歌のレパートリーを知っていたので、ソチでのコンサートの準備を始めました。

「 私はこんな贈り物を与えられた運命に感謝しています。また、私はYerlanの努力、Dimashの両親が彼に投資したすべてのもの、そしてDimash自身のすべてに無限に感謝しています。彼のファンの1人が私に手紙をくれたとき、次のように聞かれました。『実際のDimashはどんな人ですか?』彼は私が今まで出会った中で最高の人だと答えました。ビッグシーンのために生まれたアーティスト。何百万人もの人々に崇拝される価値がある人間」 Zarina Bozhakovaはそう答えました。

 

 

クリックしてね ♫
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください