ディマシュのバックコーラス紹介 Jordan Arakelyan

SHARE

ディマシュのバックコーラス紹介 Jordan Arakelyan

ディマシュのバックコーラス、二人目の紹介は、Jordan Arakelyan ジョーダンアラケリアン

こちらも Dimash News からの文をグーグル翻訳でお届けします。

ディマシュのバックコーラス紹介 Jordan Arakelyan

Dimashのバッキングボーカル ジョーダンアラケリアンは、2018年11月からDimashのチームで活動しています。チームとしての彼女の最初のコンサートはロンドンでした。 その時、ディマシュのチームは、緊急に2人の女性バッキングボーカリストが必要でした。 ヨルダンはディマッシュの母親、スベトラーナアイトバエワから、サウンドディレクターのYerlan Bekchurinヤーランベックリンに提案されました。

コンサートの準備のため残っている時間はわずか3日でした。カザフ語はあまり話せないジョーダンにとって、これは簡単ではありませんでした。しかし、ディマッシュとチーム内の一人一人から放たれている無限のエネルギーは、彼女を勇気付けました。そして、不可能と思われていた作業がたった1日で完了しました。ジョーダンが言ったように、おそらくこれは、アーティストとしてのディマシュに対する尊敬と、彼を失望させてはいけない、という思いが影響したからです。

現在、ジョーダンはすべてのディマッシュのコンサートで常にパフォーマンスを行っており、彼女自身のファンも獲得しています。

ジョーダンは子供を育ています。彼女が常に家にはいられないという事で、子どもに対して罪悪感を感じています。しかし、仕事は仕事です。

※ 旦那さんは、ディマシュのアレンジを担当している erlanbekchurin

 

バックコーラスを務めることは、簡単ではありません。ソリストと同じように、彼らは常に自分の声を守り、ソリストのパフォーマンスを落とさないように絶対的な音質を保たなければなりません。ジョーダンとザリーナが言ったように、コンサートは彼らにとって大きな責任です。パフォーマンスの前夜には、興奮のために眠ることができない日もあります。

「 Dimashとの仕事のすべてを通して、私たちは影のように感じたことはありません。私たちはすべて主役です。ディマッシュから始まり、ミュージシャン、バッキングボーカリスト、ダンサーなど、チームの全員が主人公です。なので私たちは、私たちの重要な役割を完全にする遂行することができるのです。すべてに感謝し、彼にとても感謝しています。」 とジョーダンは言いました。

※ ジョーダンは、ディマシュ作曲の「Stand Up」「Give Me Your Love」の作詞もしています。

Stand Upは、ディマシュのコンサートで、ジョーダン自身が何度か歌っています。

 
 

クリックしてね ♫
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください