カザフスタンの国民性 ビジネス習慣ディマシュパパの場合 your love

SHARE

カザフスタンの国民性 ビジネス習慣ディマシュパパの場合 your love

私は、昨年2019年6月29日のヌルスルタンでのソロコンサート ARNAU に行ってきました。

その時にご一緒した方たちと、ひょんなことからディマシュジャパンファンクラブのお手伝いをすることになり、2019年の9月~12月までお手伝いをしていました。

今は何もしていません。前代表(初代代表)がやめて、新しい代表に引継ぐときに私たちもやめました。(昨日のブログに書きました)

その時に聞いたり、感じたりしたカザフスタンの国民性やその他について感じた事について書きます。

これはあくまでも私個人の感じたことです。しかも昨年2019年の情報なので今はちがっているかもしれません。その点はどうぞご了承くださいネ。

 

ディマシュ カザフスタンの国民性

画像は、ハズレット スルタン モスク です。東洋一の広さのイスラム寺院です。

 

カザフスタンの基礎知識

カザフスタンは1991年に旧ソビエトから独立しました。独立国となってからの歴史は浅いものの、国土面積は日本の約7倍ととても大きな国で人口約1,800万人の人々が暮らしています。

首都は1997年にアルマトイからアスタナに移されました。2019年アスタナはヌルスルタンと名前を変えました。

国語はカザフ語ですが、公用語はロシア語です。宗教はイスラム教徒が大半です。

カザフスタンの人口の約70%を占めるのが、カザフと呼ばれる民族です。カザフの多くはもともと遊牧民で、20世紀のはじめまではほとんどが遊牧生活をしていました。

1930年代、ソ連の構成国となってからは、近代的で大規模な定住政策が行われたため現在のような暮らしになっています。

 

カザフスタン人の性格

カザフスタンは、いろいろな帝国が栄え、滅亡し、ソ連の構成国となり、カザフスタンとして独立した背景があります。

ソ連の構成国だったときに遊牧を禁止され、定住するようになりました。

国の支配者が変わる中でも、自分たち固有の文化や習慣を守ってきた自尊心と独立心、そして自由であることへの強い思いや憧れがあるのだと思います。

ディマシュの愛国心は、時々インタビューでも聞くことができます。カザフスタンをたたえる歌も、たくさん歌っています。

そして家族の絆が非常に強いです。厳しい政治的な環境、自然環境にいたからこそ、家族の絆が強くなければ生きていけなかったのでしょう。

それは現代のカザフスタン人でも同じです。ディマシュのインスタを見ればわかるように、今でも変わらない家族・親族を大切にする心、強い絆が感じられます。

 

カザフスタン人の見た目

カザフスタンは中央アジアに位置しています。様々な国と国境を接しており、歴史的な事情から混血の人も多いです。

カザフスタン国民の多くを占めるのが「カザフ」と呼ばれる民族で、現在の人口の約70%を占めると言われています。テュルク系とも呼ばれる民族で、その起源はトルコ系です。

同じアジア人ということもあり、日本人の黄色い肌の色や目鼻立ち、暗い髪の色と特徴が良く似ています。

私が2019年、ディマシュのコンサートでヌルスルタンに行った時も、日本人にそっくりで、道を歩いていても全く違和感がありませんでした。カザフスタンの女性は、特に日本とよく似ています。

カザフスタンは1991年に独立宣言をして旧ソビエト連邦から独立し、カザフスタン共和国となりました。

そのため、カザフスタンにはロシア系の人々も多くいます。彼らの外見的特長はロシア人そのもので、白い肌に明るい髪色の人が多いです。なかには碧眼の人もいます。

カザフの男性に見られる特徴には、とても男性的な事があげられます。

黄色い肌に、モンゴル系の骨格のしっかりとした幅広い顔、しっかりとした眉などが特徴です。髭も濃い人が多いです。

ディマシュは、線の細い感じですが、がっしりした男っぽい人が多い印象です。

歴史的な特徴から、ロシア系とカザフ系というハッキリと見た目の異なる民族が同じ国民として暮らしているという点はカザフスタンの特徴とも言えます。

 

戒律に厳しくないイスラム教徒

カザフスタン人の約70%がイスラム教徒です。イスラム教徒としての規律を守る姿勢は見受けられますが、必ずしも戒律に厳しい訳ではありません。

スーパーにはお酒が普通に売られているし、スカーフをかぶっている女性も多くはありません。

2019年、ヌルスルタンに行った時にも、時間になるとひざまずいてお祈りをするという人も見かけませんでした。

また、イスラム教徒の多い国ながら、中華風の建物もありました。メッカに礼拝するよりも、先祖のお墓を拝むような祖霊信仰が入り混じっていると言われています。

イスラム教の戒律として、結婚以外の性交渉は禁止されています。浮気の禁止や婚前交渉の禁止などがそれにあたります。でも、カザフスタンで、これが厳格に守られているのかどうかは、私にはわかりません。面と向かって聞けないですもん(笑)

恋愛においても婚前の性交渉禁止といった戒律があり、これを破ってしまうと罰則が与えられることもあるといわれています。そのため、カザフスタンの人々の多くは、恋人関係にあっても結婚するまでは性交渉をしないというのが男女ともに当たりまえといわれています。

今でもそうなのか? それも私にはわかりません。カザフ人に聞いたわけではないので (;^_^A

でも、欧米や日本に比べて、恋愛関係になったら、すぐに結婚するようだとは思いました。

ディマシュの友達も、昨年から結婚ラッシュです。男性が25歳だと日本ではかなり早いですよね。

欧米や日本では、いろいろ恋愛を体験して、男性なら30歳前後から、そろそろ結婚するか、という人が多いのではないでしょうか。

 

ビジネスの習慣 ディマシュパパの場合

昨年、ディマシュジャパンファンクラブのお手伝いをしたときに、初代代表から聞いたお話です。

昨年2019年の話なので、今は変っているのかもしれません。

ディマシュをマネージメントしているのが、ディマシュのパパのカナトです。ディマシュの仕事関係は、すべてパパに連絡しなくてはいけないのです。

公開されている事務所のメールアドレスにメールを送っても、知らない人のメールには返事をくれないのです。

誰でも知っている会社とか、政府関係とかは別かもしれません。

とにかく知らない人には返事がないのです。ですから、パパと親しい人からパパに紹介してもらい、知ってもらう必要があるのです。

それから、知っていても信頼できない人には返事をくれないのです。ロシアの大きなファンクラブがあるのですが、そこにもパパから返事がこないと言っていました。

初代代表は、数回カザフスタンへ行き、直接パパと会う機会を何度か得て、やっとメールへ返事が来るようになったのです。

その前に、まずはパパを紹介してくれる人と親しくならなければいけません。彼女は、日本語と英語のバイリンガルでしたが、なんとか意思疎通ができるようにと、カザフ語とロシア語も特訓をしていました。

そして、インスタを通していろいろな人と交流していました。そして、偶然が何度も重なって、やっとパパに紹介してもらったという事でした。

カザフ人はもともと遊牧民族です。周りの国から侵略されたり、旧ソビエトに支配されたりして来ました。だから簡単に人を信用しないかもしれない。まちがった人を信用すると大変なことになるという事が、今でもしみついているのかもしれません。

ですから、信頼するまで時間をかけるし、会って確信を得た人しか心を許さない、と言う事なのかなと想像しました。

 

そんな事情があって、ディマシュの情報はなかなかか日本には入ってこなかったのです。

そして、やっとメールがかえってくるようになってからも、返事は何日もかかったり、帰ってこなかったりでした。

その間何もできず、ただひたすら待つことしかできないのです。

世界中のファンクラブは、直接に情報が入ってこないので、情報が入ってくるファンクラブから、情報を流してもらうという事をしないといけません。ファンクラブトップの会があるようなのですが、世界中にファンクラブがあるので、24時間体制なのです。

しかも、この会へも、インスタなどでアピールして認めてもらわないと、入会するように誘ってもらえないという事でした。

彼女は一人で運営していたので、ゆっくりと睡眠時間もとれない状況でした。なにからなにまで一人でやらなければならず、とうとう体を壊してしまいました。

これは、すべてボランティです。各国のファンクラブトップの人たちも、疲れ果てて1年もすれば交代する事が多いと聞きました。

全てが、ディマシュへの無償の愛で成り立っている世界でした。

でも、どんなに愛をつぎこんでも、ディマシュを一人占めにはできないし、何の報酬を得る事も出来ないのです。

それでもやってしまうという事は、ディマシュの歌にはそれだけの魔力があるという事なのです。

私も疲れはててファンクブラとかかわるのはやめました。

何からなにまで、私の想像を絶する不思議な世界でした。

 

今年、ディマシュはアメリカの事務所と契約しました。

今後はどうなるのかわかりませんが、ディマシュにとってもdearsにとっても良い方向へ向かってほしいものです。

コロナが収束して、ディマシュが世界へもっと羽ばたく日が来ることを祈ります。

 

 

ブログランキング・にほんブグ村へ

6 Comments

くろず

宝塚などはトップスターでも私設のファンクラブです。私は入ったことはありませんでしたが、上になればなるほど本人には近くなるけど、大きいファンクラブであれば統率も大変そうでしたし、ファンクラブ員の人たちもチケット取りなど大変そうでした。
ましてや海外のアーティストのファンクラブなんて私も未知の世界ですが、本人が日本に再び来るまで頑張ってみようかなと思っています。何が出きるわけでもありませんが、そのモチベーションでいないと、Tokyojazzの悔しさがいつまでも晴れない気がします。

最後は愚痴になってしまいました。すみません笑

いずれにしても初代の方がいなければ、ディマシュの情報がここまで日本に流れることもなかったのですね。本当にありがたいですし、先見の明に感服です。

返信する
ディマシュ追いかけ隊

ディマシュの場合は、チケットもファンクラブとは関係なく、本人が自分で取らなければなりません。
ロシア国内でのコンサートは、ロシアのチケット販売の会社が、なぜか日本のクレジットカードをうけつけません。だからロシア人の友達にたのむか、クレジットカードが使える国の友達にたのまなければいけないのです。本当にむずかしいですね。

2020年の東京ジャズはどうなるのでしょう?

また、ディマシュが日本に来れる日が来ますように!

返信する
Mari Nishimura

いつもファンクラブの昼夜を問わぬ綿密な仕事に驚きと感謝しかありません。そのおかげで番組の情報を得たり、日本語への書き起こしでディマシュがしゃべっている内容を知ることができています。とてもじゃありませんが、自分ではたどり着けないことです。ほんとうにその献身ぶりに足を向けて寝ることはできません。 せめてファンクラブから投票などの協力要請があったときは、応じてその献身にお答えしなければ、と自分の機械音痴に鞭打ってます。
昨年のABUではじめてディマシュを知ったわけですが、その来日の陰にそんな苦労があったとは。事情を知らせてくださりありがとうございます。今更ですが、ありがとうございました。そのおかげでDimashと出会えました。
世界規模のヅカファンを動かしてしまうディマシュもすごいな、と思いますが、そんな方たちが疲れ果ててしまったり、肝心の歌が楽しめなかったり、というのは、なんか悲しいです。 なにか報われてほしいです。 本当にアメリカの事務所との契約で状況が好転すればいいですね

返信する
ディマシュ追いかけ隊

コメントありがとうございます。
私はファンクラブのお手伝いはやめてしまったけど、今、がんばっておられる方たちにも感謝の言葉をかけてあげてください。
それにしても、世界中のファンの心を虜にしてしまうディマシュの歌はすごいです!

返信する
Mari Nishimura

はい、今以上に書くようにします。口に出さなければ伝わりませんものね。 

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください