ディマシュの祖国カザフスタン 規制緩和後にコロナ感染急増 全土で再び店舗営業制限 ディマシュはいつ海外に出れる?

SHARE

ディマシュの祖国カザフスタン 規制緩和後にコロナ感染急増 全土で再び店舗営業制限 ディマシュはいつ海外に出れる?

ディマシュは2020年3月11日のウクライナのコンサート、その後のモスクワでのイベント参加後、カザフスタンへ帰国。

そのあとすぐにカザフスタンは厳格なロックダウンに入りました。

5月、ロックダウンが緩和されました。

ディマシュも、ヌルスルタンから生まれ故郷のアクトベに行ってましたよね。

しかしそのあと、また増え始めているのです。

なんと、6月18日には、前大統領のヌルスルタン・ナザルバーエフ氏が新型コロナウイルスに感染したことが報じられました。 2020年6月18日 NHK NEWS WEB

ちなみに、2019年3月に、このヌルスルタン・ナザルバーエフ氏が大統領を引退した時に、カザフスタンの首都の名前を、アスタナからヌルスルタンに変えたのです。

彼は30年近くにわたって国のトップをつとめ、カザフスタンの象徴ともいえる存在です。

 

昨日7月6日には、AFP BB NEWS は、「全土で店舗の営業を再度制限した。ショッピングセンター、ジム、プール、理髪店、美容サロンなどに2週間の休業が命じられた。」と報じました。


画像はAFP BB NEWS より

 

カザフスタンでは、5月に近隣諸国に先駆けてロックダウンを緩和したが、当時9000人未満だった感染者数はその後5倍以上に増加し、現在は感染者4万7000人、死者188人となっています。

いつになったら、ディマシュは海外に出る事ができるでしょう。

イーグル氏とも会えない。

せっかく決まったアメリカの事務所にも行けない。

来年2021年に延期されたドイツ、チェコ、ベラルーシのコンサートもできるのでしょうか。

 

 

ディマシュのコンサートも、世界が平和で、一般人の海外への渡航が可能でなければ成り立ちません。

もし世界で何か起これば、ディマシュのインスタを見たり、歌を聞いたり、そんなことも落ち着てできなくなります。

早くコロナウイルスが収束してほしい。

世界が平和であってほしいと思います。

 

 

クリックしてね ♫
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください