ディマシュ クダイベルゲンとは その1 Who is Dimash?

SHARE

ディマシュ クダイベルゲンとは その1 Who is Dimash?

今、大注目のカザフスタンのシンガー、ディマシュ クダイベルゲンについて調べたことを書きます。

WIKIPEDIA ウィキペディア をグーグル翻訳し、私なりにアレンジさせていただきました。
もし違っているところがあったらごめんなさい。

ディマシュ クダイベルゲンとは その1 Who is Dimash?

 

バックグラウンド

1994年5月24日 カザフスタンのアクトベで生まれました。

本名  Dinmukhamed Kanatuly Kudaibergen

ディンムハメド カナトゥリ クダイベルゲン

(カザフ語:ДінмұхаммедҚанатұлыҚұдайберген)

芸名  Dimash Kudaibergen

Димаш Құдайберген

Dimash Kudaibergenov

迪玛希

として知られています。

シンガー、シンガーソングライター、複数の楽器を演奏できるミュージシャンです。

ポップから、クラッシックまで幅広く歌います。

楽器は、 ドンブラ、ピアノ、ドラム、ギター、マリンバ、バヤン、チェロを演奏することができます。

ディマシュは、クラシック音楽と現代音楽の両方を正式に勉強しており、6 オクターブの幅広い音域で歌うことで知られています。

ディマシュは今まで12か国語で歌いました。
彼の母国語の カザフ語、ロシア語、
そのほか、中国語、英語、フランス語、ウクライナ語、イタリア語、キルギス語、トルコ語、セルビア語、ドイツ語、スペイン語です。

ディマシュは、アスタナオペラからオファーを受けましたが、クラシック音楽と伝統的なカザフ音楽をポップミュージックに取り入れて現代音楽でのキャリアを切り開くことにしました。

ディマシュは、マイケルジャクソン、エルメク・セルケバィエフ、セリーヌディオン、ララファビアン、およびルチアーノパヴァロッティなどに音楽的な影響を受けたと言っています。

彼は歌手として、世界にカザフスタンを知ってもらうように、カザフスタンのことをいつも宣伝しています。

2015年、ディマシュはベラルーシのビテブスクで行われてた国際芸術祭のスラブバザールでグランプリを受賞しました。

それにより、カザフスタンと他のソ連崩壊後にできた国々で人気を博しました。

それが、湖南テレビの シンガー2017(中国語:歌手2017)に「wildcard competitor ワイルドカード競争相手」として参加することにつながりました。

幼少期

ディマシュは、父:カナト Kanat Kudaibergenuly Aitbayev(ҚанатҚұдайбергенұлыАйтбаев)と、母:スヴェトラーナ Svetlana Aitbayeva (Светлана Айтбаева)の第1子です。

妹:ルシャン(Raushan)、弟:マンスール(Abilmansur)がいます。

ディマシュの父親であるカナトは、歌手であり、アクトベの地域文化開発委員会の会長。彼の母スヴェトラーナはアクトベフィルハーモニー協会のソプラノ歌手です。

アクトベの子供たちの芸術監督のメンバーで、社会・文化発展の会の常任委員です。

ディマシュの両親は、カザフ政府から「Honored Music Artists」の称号を授与されました。

ディマシュはこのように音楽一家で育ちました。

そして、両親とともに一緒に住んでいたディマシュの祖父母は、伝統的なカザフスタンの習慣に従ってディマシュを育てました。

ディマシュの祖母、Miua Nizamutdinova は、地理および生物の元教師であり、彼女が若かったときには歌も歌いました。

彼の祖父、Kudaibergen Aitbayev は、カザフスタンの伝統楽器のドンブラを演奏します。

ディマシュの両親はカザフ語を話す事と、ドンブラなどの伝統的な楽器を演奏することを大事にしてきました。

この音楽的、文化的環境で育ったディマシュは、小さい頃から音楽に魅了されました。

ディマシュの両親は定期的にコンサートを行っていました。彼の祖父母はコンサートを見に彼を見に連れて行きました。

母のスヴェトラーナは、後に「ディマシュはいつもステージが好きでした。私たちが観客に感謝する前に、ディマシュは祖父母と一緒に座っていた場所からステージに走り出しました。私たちより先にお辞儀をして感謝の言葉を私たちと一緒に言うためです。」

ディマシュは幼い頃から様々な会場やコンテストでピアノを演奏したり、歌いました。出演者としてステージに最初に立ったのは、2歳の時の地元の演劇会でした。

ディマシュは楽器に興味を持ち、彼の両親は彼が「絶対音感」を持っていることに気がつきました。

5歳の時から、ディマシュは彼の祖母に連れられて、地元の音楽大学の子供たちのスタジオでピアノとボーカルレッスンを受け始めました。

彼は最初の先生、そして祖母に感謝の意を表しています。

祖母は足の痛みにもかかわらず、毎日、ディマシュをレッスンに連れて行ってくれました。

2000年、6歳の時に、ディマシュは全国的なピアノコンテストAynalayin で優勝しました。

幼い頃、ディマシュは大きな舞台で歌うことを夢見ていました。彼の幼いころのおもちゃは、カセットやマイクでした。そしてステージ上で歌うまねをして遊んでいました。

お絵かきには、カセットテープとマイク、ステージに立つ自分とお客様というテーマの絵を書いていました。

10歳の時、ディマシュは様々な地元のイベントに呼ばれるようになりました。

ディマシュはカザフスタンの偉大な詩人や作家の作品を研究し、彼らの詩を歌にして歌いました。自分で詩を書いて音楽もアレンジしました。

10代の頃には、ディマシュはテコンドーと水泳も習いました。ディマシュの母のスヴェトラーナは、ディマシュがケガをした時にもボーカルスタジオのレッスンを休んだことがないと言っていました。そして、子供の頃から定期的に水泳トレーニングをしていたたので、息が長く続くようになったのではないかと言っています。

 

教育

1999年 5歳の時、ディマシュはアクトベの Akhmet Zhubanov Music College の子供用スタジオでピアノとボーカルのレッスンを受け始めました。

2009年 ブロードウェイミュージカルマスタークラスを完了

2014年 アクトベで K. Zhubanov大学 の音楽科のクラシック音楽を卒業

卒業と同時に、アスタナのカザフ国立芸術大学で、現代音楽(ジャズ、ポップ)の勉強を始めました。

2018年6月27日にヴォーカル専攻で卒業しました。

彼は現在大学で、作曲で修士課程を専攻しています。

ディマシュはカザフ語とロシア語を話し、英語と北京語を勉強しています。

ディマシュ クダイベルゲンとは その2(ディマシュのキャリア 初期) に続きます。

 


ブログランキングに参加中。クリックをお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください