ディマシュ クダイベルゲンとは その2 Who is Dimash?

SHARE

ディマシュ クダイベルゲンとは その2 Who is Dimash?

WIKIPEDIA ウィキペディア をグーグル翻訳し、私なりにアレンジさせていただきました。

もし違っているところがあったらごめんなさい。

 

ディマシュ クダイベルゲンとは その2 Who is Dimash?

ディマシュ クダイべルゲンとは その1 からの続きです。

 


Free-Photos / Pixabay[/caption]

初期のキャリア  2010年~2014年

2010年から2013年にかけて、ディマシュはカザフスタンとキルギスタンの4つの主要なコンテストで優勝しました。

・ 2010年 Sonorous Voices

・ 2012年 Zhas Kanat

・ 2012年 オリエンタルバザール

・ 2013年 Makin Asia

2013年、彼はトルコのデニズリで開催された TürkçevizyonGala Night でゲストシンガーとして招待されました。

2014年に彼はアクトベのズバノフ大学の音楽科を卒業し、アスタナのカザフ国立芸術大学でポップミュージックの勉強を始めました。

ディマシュは、教師の日に開催されたコンサートをはじめ、公の場で演奏を続けました。

ディマシュの祖父母は彼のパフォーマンスをサポートするためにアスタナに移りました。
彼の祖母は「ディマシュはステージ上ですべての曲を全力で歌うので、汗で濡れた衣装を洗濯するのが大変でしたよ。」とのちに言っています。

2014年12月30日、ディマシュは、国家青少年賞 Daryn を受賞しました。

2015年 – 2016年:Slavianski Bazaar

ズバノフ大学卒業後、ディマシュは様々なヨーロッパやアジアの国々で演奏しました。

2015年、ベラルーシのビテブスクの Slavianskiバザール に参加します。ディマシュは、180のうち175の高スコアで、2015年7月13日にグランプリを獲得しました。
コンテストの3日間に、彼は陪審員と観客を魅了しました。彼の独特の声と音域は、カザフ民謡「Daididau」、ロシアの歌手Alla Pugachevaのオリジナル曲を歌うのにぴったりでした。

「Blizzard Again」(ロシア語:ОпятьМетель)とフランスの歌手Daniel Balavoineの「SOS d’un terrien endétresse」は陪審員とメディアから賞賛されました。

イベントの後、ディマシュは
「Slavianski Bazaarの勝利は大きな名誉です。」

と述べました。若い歌手をサポートすることの重要性を強調し、才能があってもサポートなしでは多くを達成できないと述べました。

Slavianskiバザーで賞を獲得すると、ディマシュは定期的にローカルのテレビ番組や公開イベントに登場します。

2015年、イタリアのミラノで開催されたExpo 2015に参加しました。

2015年、アルマトイで行われたユーラシア国際映画祭に参加しました。

2015年8月、ディマシュ作詞・作曲「忘れられない日」をリリース。

習近平のカザフスタンへの国賓訪問中には、アスタナ・オペラで習近平の前で歌いました。

2015年10月、トルコのイスタンブールで開催された2015 ABU TVソングフェスティバルに、カザフスタンの代表としてディマシュが選ばれました。ディマシュはアジア諸国の有名な音楽アーティストと共演しました。 “Daididau”を歌い、スタンディングオベーションを受けました。

2015年11月、トルクメニスタンで開催されたトゥルク世界祭の閉会式で歌いました。

2015年12月、ミスカザフスタン 2015 でも歌いました。

アルマトイの大規模なコンサート An Men Anshi にも参加。

2015年12月28日、彼はカザフスタンの国民投票によって決定された「年間最優秀人賞」授賞式で「シンガー・オブ・ザ・イヤー」を受賞しました。

2016年1月22日、カザフスタンで開催された2016年のPeople’s Favorite賞授賞式で、 “Pop Artist”賞を受賞しました。

2016年2月には、「Daididau」が世界中のラジオ局が演奏する80分の世界的な歌の旅、Musical Caravanに選ばれました。

ディマシュは、アスタナの女性の日のコンサートで彼の両親と歌いました。

2016年3月8日、モスクワのクレムリン宮殿で、国際女性の日に捧げられたコンサートに参加しました。コンサートは「私の最愛のオールスター」と命名され、著名なロシアの歌手が出演。ディマシュはSlavianski Bazaarでの勝利により招待されました。

3月と4月には、ディマシュはカザフ大学の芸術交響楽団とのツアーにでました。ウィーン、オーストリア、スロベニアのマリボル。そしてセルビアのベオグラードです。彼は “SOS d’un terrien endétresse”を歌いました。

アスタナデイコンサートでは、カザフスタン大統領の前で “Diva Dance”を披露するなど、様々なイベントでゲストシンガーとして出演し続けました。

2016年7月、彼はベラルーシでのSlavianski Bazaarの閉会式に招待され、そこでNagima Eskalievaとのデュエットで「Belovezhskaya Pushcha」を歌いました。

ディマシュはバラDauysy 2016(子供2016の声)予選ラウンドで審査員を務めました。

2016年に、YerbolatとAlashulyとの「私はカザフです」でコラボレーションをしました。
彼らは、9月に開催されたアルマトイの1000周年記念ガラコンサートで、「私はカザフです」を歌いました。

2016年9月に、ロシアのモスクワのクレムリン宮殿で「Daididau」を行いました。

2016年10月には、ディマシュはパリでのユネスコのイベントに出演しました。

11月には、ソウルで、韓国、カザフスタン、トルコ、キルギス、アゼルバイジャン、およびトルクメニスタンの、中チュルク文化祭でのコンサートで歌いました。

同じ月に、彼はロシアのビッグオペラ2016年のテレビ大会でゲスト歌手としてサンデットBaigozhinと共にカザフスタンを代表して出演しました。

 

アスタナオペラからのオフェーを断りポップ歌手としての可能性を追求することに

2016年11月、アスタナオペラ州立劇場の監督、トレベック・アルピエフは、ディマシュをオペラ歌手として招待しました。ディマシュは類まれな声を持っているので、彼と一緒に仕事をすることができれば嬉しいと述べました。

カザフ国立大学の学長、Aiman Mussakhajayevaは、申し出を受け入れることや、オペラでのキャリアを選ぶようにディマシュを説得しようとしました。

しかし、ディマシュは現代音楽のキャリアを追求することを選択しました。ポップミュージックでの自分の可能性を試してみたかったのです。

2016年の終わりに、彼はカザフスタンの人々のお気に入り賞授賞式で「ポップアーティスト」の賞を受賞しました。

2016年にはカザフスタン大統領による文化分野におけるリーダーシップのための国家助成も受けました。

このように、Slavianski Bazaar での優勝以降、ディマシュは目覚ましい活躍をするようになりました。


ディマシュ クダイベルゲンとは その3 (2017年 中国での成功) に続く

 


ブログランキングに参加中。クリックをお願いします。
 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください